第三世代と呼ばれるシアリスは長時間の効き目が特徴的で世界中で人気のあるED治療薬です。

ED治療薬シアリスのススメ
シアリスのススメTOP

三大ED治療薬の特徴

ED(勃起不全)に悩む男性は世界中に多くいらっしゃいます。
ですが、ED治療薬の誕生によって多くの男性が救われてきました。中でも三大ED治療薬と位置付けられる医薬品について紹介したいと思います。
自分に合ったED治療薬
まず、初心者でも使いやすいED治療薬として人気のシアリスですが、最初に開発されたバイアグラや次に作られたレビトラと、どのような違いがあるのでしょう。

ED治療に臨む時は、それぞれのED治療薬の特徴をしっかり把握し、自分や使うシーンに合ったものを選んで使う事で、より効果的に治療を進めることができます。

まず、バイアグラには強力な勃起持続力があります。
1錠飲めば5~6時間の間、何度も行為を楽しむ事ができます。
その効果は他のED治療薬に比べても強く、射精後もすぐに勃起が回復し、連続でも衰える事はありません。

また耐久力も上がるとされ、早漏改善も期待できます。
ですが、食事やアルコールの影響を受けやすく、他のED治療薬と比べると効果の持続時間が短いという弱点があります。

それらの弱点を克服したのがレビトラで、食事やアルコールと同時に摂取しても問題なく、効果持続時間も5~10時間ほどに延びました。
また即効性に優れるという特徴もあり、予定外のエッチがあったとしても、前戯をしている間に薬が効き始めるでしょう。
三大ED治療薬の特徴
シアリスはレビトラと同じく食事などの影響を受けず、効果持続時間は24時間から最大36時間に延び、服用のタイミングを全く気にする必要がなくなりました。
また、副作用が出にくいという特徴もあり、バイアグラでは副作用が出てしまったという方でも安心です。

このように、飲むタイミングを気にする必要がなく、副作用の出にくいシアリスなら、より自然にEDの治療をする事ができるしょう。

第三世代のシアリス

第三世代のシアリス
現在ED治療薬にも数多くの種類があり、どれを服用するかお悩みの方も多いかと思います。

今回は、一番新しく承認された「シアリス」についてご説明したいと思います。
ちなみに第一世代と呼ばれるものが一度は耳にしたことがある「バイアグラ」。第二世代が「レビトラ」。第3世代がこのシアリスです。

日本イーライリリーより開発・販売、販売元が日本新薬株式会社のED治療薬で日本では2007年7月に承認を得ました。
全てのED治療薬に当てはまりますが、保険適用外の医薬品です。処方の際には実費負担となります。

特徴としては他の治療薬と違い非常に長い効能が長い点になります。
有効成分の名称はタダラフィルといい、有効時間は10mgで20~24時間。20mgを服用した場合、36時間という脅威の長さとなっています。

その成分量は3種類あり、5mg、10mg、20mgとあります。形状は涙型で黄色をしています。半分に割ると中は白い錠剤になっています。
食事の影響が受けずらいシアリス
また食事の影響も受けにくくどのタイミングに服用をしても大丈夫です。日本イーライリリーによると800キロカロリーの食事までは影響を受けないとのことです。
しかし、空腹状態が一番効果が現れるのも確かです。タイミングが大きく広がったのは間違いは無いと思います。

シアリスはゆっくりと分解されるために効能が長く続く構造になっています。そのため、しっかりとした効果を得るには3時間ほどかかると考えたほうがいいです。
性行為の前に早めに飲むのが良い効果を得られるコツでは無いでしょうか。

自然な効果が期待できるため、急激な勃起ではなく、あくまでも普通に勃起をするマイルドな効き具合なのでそれを望む人には特に人気が高いようです。
金曜日の夜に服薬しても、日曜日の昼まで作用することからウィークエンドピルとも呼ばれています。

また、この効能により副作用も抑えられています。出たとしても大きな支障を感じずにすむ場合があります。



タダラフィルの作用と効果

タダラフィルの作用と効果
シアリスの有効成分、タダラフィルとはどのような作用を持ち、効果を得られるのでしょうか。

ED(勃起不全)に有効な成分という事が一番有名だと思います。ですが、EDの他にも肺動脈性高血圧症と前立腺肥大にも有用です。
それぞれの商品名はシアリス(ED治療薬)、アドシルカ、ザルティアです。

EDに有効な作用として、筋肉をほぐす環状グアノシン一リン酸 (cGMP) という物質を、ホスホジエステラーゼ-5(PDE5)という物質から阻害させる事により勃起を維持させます。
EDとは、ホスホジエステラーゼ-5の活性化が早いために起こってしまう現象です。

勃起をする際には、ペニスの海綿体にある平滑筋が緩むことにより、血液が流れ込むため勃起状態となります。
しかし勃起をし続けることもまた、異常といえます。通常は時間が経てば勃起状態は解除されます。
その際に、ホスホジエステラーゼ-5が放出されます。この物質が環状グアノシン一リン酸を壊すことによって海綿体の血管が収縮するために勃起状態が治まるのです。
この働きを阻害できれば環状グアノシン一リン酸の代謝と不活性化を防ぐことが出来るので、筋弛緩がスムーズに行われます。
その作用を利用し、勃起状態が長く続くのです。
前立腺肥大の治療にもタダラフィルは有効
また、冒頭にも記述した通り、前立腺肥大の治療にもタダラフィルは有効で、勃起状態に作用する働きが応用されています。
前立腺及び尿道の筋肉をこの作用によって、筋肉を弛緩させるので、前立腺肥大の治療に有効的なのです。

その他のED治療薬もホスホジエステラーゼ-5を阻害することで、勃起状態を維持させるのですがバイアグラに含まれるシルデナフィルという成分よりもタダラフィルの方が副作用のリスクが少ないと言われています。

そのため、シアリスの利用者は海外でバイアグラに迫る勢いで増加しているそうです。

日本ではまだまだ認知度が低いですが、長時間の作用と食事による効果の減少が少ない事もメリットとして挙げられていますので、シアリスの利用者も増えてくるはずです。

管理人の挨拶

管理人の挨拶
それは約2年前でした。私はEDであると知り、ショックを大きく受けたことを今でも覚えています。

それはもう克服をしたのですけどね。そんな私がどのようにEDを改善したのかを簡単ではありますが皆さんにお伝えしてみます。

あるときから中折れをすることが度々起こり、当時の彼女と言い争いをしてしまうことが度々ありました。その当時は仕事が忙しくて休息をあんまりとれなかったためなのでしょう。

第一の原因だったのではと今思い返しています。
そこからなんで勃たないのかな、いけないのかな、と考えこむことが多くなりついにはそれが日常化してしまったのです。

そうなるともうダメでしばらく勃起が出来なくなってしまい大きく自信を失ってしまいました。
自信を失う
どうやらEDは肉体的なものの他にも、悩みからくる精神的な問題でもなってしまうと自分で調べていくうちに分かり、まさにこれが当てはまるパターンだったのです。

そんなあるとき、同僚からED治療薬はいいよ、効くよ、とすすめられたので、少し恥ずかしいながらも意を決しED治療専門のクリニックへ飛び込んでいきました。

結果的にはこれが大正解でした。
診察は服を脱がなくても良いし、特に恥ずかしくもありませんでした。大きな誤解しており、早く診察へ行かなかった事を少し後悔さえしました。

記念すべき最初の治療薬はバイアグラです。やはり一番有名な薬ですからこちらを選択しました。

その夜早速飲み、久々にセックスをしたのですが医師の説明通りに飲んだためか相性が良かったのか。効果は十分感じられ、久々にとても満足をしました。

その後、レビトラもシアリスも試しましたが、今ではシアリスが一番のお気に入りです。何といってもあの長い時間効くのが素晴らしいと感じたからです。
シアリスが一番のお気に入り
でもED治療薬は保険が効かずに少々値が張るので負担も感じてはいました。
そこで個人輸入代行業が運営している通販サイトを利用しようと色々調べて、シアリスのジェネリック商品を見つけました。

シアリスの半額ほどで買えるので経済的に助かっています。効果も同じだし、錠数の多いものを頼むと1錠あたりの金額も安くなるしメリットはだいぶ大きいです。

今ではたまに使用をするくらいです。悩んでいる人はED治療薬を絶対に使ってみるべきです。すごくオススメです。


メニュー