EDの原因は大まかに4つに分けられます。症状を知ることで自分に合った治療法を見つけられます。

ED治療薬シアリスのススメ
シアリスのススメTOP > EDの原因

EDの原因

EDの原因
ED(勃起不全)には突然なるものではなくて、徐々に症状が出てきて、長い時間をかけて明確に症状として現れます。

その原因には様々なものが挙げられますが、最初に挙げられるのは加齢です。

人は年齢が上がっていくと、種々のパーツにガタがきはじめます。
その結果、男性性器への血液の流入量が以前の時より少なくなってしまい、硬さとか長さが不十分となりEDが発生してしまうのです。

ただ、歳を取ることは病気ではないので、40過ぎて勃起力が20代の時と同じで有る必要はないわけなのです。

良く用いられているED治療薬としては、バイアグラ、シアリスが有名です。
生活習慣が悪い男性例
そしてその次に多いのが、生活習慣病です。
糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病がその代表格になります。

具体的に言いますと、例えば、男性性器の周囲において動脈の硬化が進むと、血が末端まで行きにくいのでEDになります。
悲しいことに動脈硬化は全身に広がる病のようなもので、生活習慣病と密接に関連しています。

そのため、生活習慣病と言われている糖尿病、高血圧、高脂血症、心血管障害に該当する方は、当然のことながらEDが起こりやすくなるのです。

また過度の喫煙や過剰な飲酒も、同じ理由でEDを引き起こす原因になりやすいです。
心因性ED
そして、近年増えている若い男性の心因性EDにもきちんと理由があります。

過保護の元、健全な性知識の欠如や性への不潔なイメージの構築、そして初期のころの性経験における失敗のトラウマ化などがあげられます。
このように、様々な理由から人はEDになってしまいます。

そんな場合に、一つずつきちんと対処すれば、それなりの回復は見込める場合が多いです。

1分でわかるED(勃起不全)の本当の意味 動画はコチラ↓


EDとインポテンツの違い

EDとインポテンツの違い
一昔前は勃起がうまく出来ないことをインポテンツと呼んでいました。
現在はED(Erectile Dysfunction)と呼ばれています。Erectile=直立、Dysfunction=機能障害という意味で、その字が示す通り勃起不全の事を指します。

EDとインポテンツは同じようなものと考えられがちですが、実は意味合いが少し違います。

インポテンツとは性的不能のことを呼びます。
ドイツ語でImpotenzという綴りになり、Im(イン)は否定をする際に用いる言葉でpotenz(ポテンツ)は活力という意味になり、それぞれ合わせると「活力がない」と訳すことが出来ます。
そうしてペニスに活力がない事の意義となりました。
性的不能とは完全に勃起をしない状態、生殖機能がないケースで使用される言葉になります。

性的不能の定義とは「性欲、勃起、性交、射精、極致感(オルガスムス=性的快感の最高潮)のいずれか一つ以上欠けるか、もしくは不十分な物」です。
EDも実はその定義の一つに入ります。
気まずそうな男性
また現在、インポテンツという言葉が使われなくなった背景として「差別用語」にあたると考えらたためです。
性的不能=男性機能が全く無い、と捉えられ強烈な印象が残ります。そのため徐々に使われる言葉がEDに変わったのではないでしょうか。

ではEDとはなにか簡単に説明をしますと、なんらかの理由により、勃起はするものの途中で萎えてしまう(維持ができない状態)事や、ペニスの硬さが足りずにうまく性交が出来ず満足な性交を得られない状態をそう呼びます。
ではそれぞれに有効な治療法はあるのでしょうか?また、どのような方法を取れば改善するのでしょうか。

基本的にはインポテンツは有効な治療法が無いといいます。治療に反応しないケースがそう呼ばれるため非常に難しい現象です。
しかし、EDは治療薬を用いれば劇的に改善が出来ます。精神的要因で起因する事も多いため、服用によって大きく悩むこともなく、負担が軽くなったはずです。

メニュー